一年間使用したニトリのタオルと無印良品のタオルを比較してみた【経年変化】

モノコトアートをご覧いただき、ありがとうこざいます。ケンゴです。
一年前に就職で上京して、一人暮らしを始めて一年になります。まだ広島弁は抜けません。一人暮らしを始めるにあたって、必要不可欠なものの一つとしてタオル。そういう肌に触れるモノは、安く済ませたら後悔します。

顔を拭いただけで糸クズがまとわりついたりするものもありますし。僕が一人暮らしを初めて自分のタオルを購入する時こんな疑問が浮かびました。「やっぱニトリより無印良品のタオルのほうが高品質なのかな?」と。

自分で確かめたくなったので、ニトリのバスタオル、無印良品のバスタオルを購入して使ってみることにしました。今回はその時に購入したニトリのタオルと、無印良品のタオルの経年変化を比較していきたいと思います。

この記事でわかること

・ニトリのタオルは1年使用するとガシガシになる
・無印良品のタオルは1年経っても経年変化をあまり感じない
・筆者は無印良品のタオルがおすすめ

Youtubeでも投稿していますので是非!

一年間使用したニトリのタオル

こちらはニトリのバスタオルです。
商品名:抗菌防臭加工 スリムバスタオル(デイバリュー BR 35×120)
価格はなんと、税込498円。かなりお手頃。

ドアップしてみる。

見た感じ、少し起毛が荒いです。触ってみると、少しがっしりした感じ。パリパリまではいかないですが、購入した当初よりかなり硬くなっています。

一年間使用した無印良品のタオル

こちらが無印良品のバスタオルです。
商品名:オーガニックコットン混しなやかバスタオル・薄手/ネイビー 2枚セット・70×140cm

価格は2枚セットで税込2416円。あれ、ニトリのタオルより全然高い。企画倒れになりそうですが続けます。笑

ドアップしてみる

ニトリのタオルに比べると、少し起毛が細かいように見えますよね。柔らかさも購入した時とほとんど変わっていません。
固すぎず柔らかすぎず、心地いいです。

スポンサーリンク

僕は無印良品のタオルがオススメ!

やはりタオルは毎日使うものですので、その分こだわりのある物をを購入するとお得だと思っています。タオル自体、そこまで高い商品ではないので、どうせ買うなら”ちょっとだけ良いもの”を購入すれば、心地よく使用できるのではないかと思います。

僕は無印のタオルをおすすめします。その理由は、1年間使ってみて、ニトリのタオルは経年劣化が激しいと感じ、対して無印良品のタオルは購入当初と肌に触れた感じに変化があまりありませんでした。やはり、「毎日使うもの」には思い切って投資するべきだと思います。しかもタオルの値段なんてしれてますからね。

スポンサーリンク

まとめ

やっぱり人によってガシガシしたタオルの方が、吹いている感じがするから良いという方は多いと思いますので、
自分の好みにあったタオルを購入される方が良いと思います。ですが少し肌が気になる方、体を拭くことが雑になっている方などは、新しいタオルを新調してみては如何でしょうか。

1日の終わりに心地よく体を拭くことは、きっとプラスに働きます。少しでも参考になりましたら嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ!

[nlink url=”https://monokotoart.com/uniqlo_muji_socks/”]