一味違う長財布。カーフレザーを使用した「MARNI」の財布レビュー。

モノコトアートをご覧頂きありがとうございます。Kengo(@sofworks)です。
外出時は誰もが持ち歩くアイテムである「財布」。毎日使うモノだからこそ、とっておきの一品を選びたいですよね。財布を購入するときに重要視することはデザイン・携帯性・機能性・利便性などがあげられる。

また、形を選ぶ際は折りたたみ財布か長財布か。このようにいくつもの選択事項がある中で、選ぶのに時間がかかってしまう方も多いのではないでしょうか。僕がオススメする財布の選び方は、自分がどういった場面で財布を使用するかを想定すること

この考えの元、僕は旅先でポケットからすぐにコインを出す事ができ、気軽に取り出せる、上品な長財布を選びました。気軽に出せる上品な長財布という時点でイメージが湧きづらいと思うが、MARNIにはある。

MARNIのメンズレザーウォレット

こういう配色めっちゃ好きなんです。
MARNIというイタリアのラグジュアリーブランドの革製長財布。カラーリング、そして質感からMARNIらしさが突き抜けているこだわりの財布。こちらは2016ssくらいのアイテムなので、現在ではほとんど見かける事が無くなった。

MARNIというブランドをわかりやすく


・イタリアのラグジュアリーブランド
・設立当初は毛皮と革製品のみ→独立ブランドとなり、毛皮・革製品以外も製作
・ボリューム・構築的なシルエットが特徴
・ローラさん、中村アンさん、戸田恵梨香さんなどが着用してた

スポンサーリンク

上品な匿名性

まずはデザインについて。
ここまで上品な上に、ブランドとしての主張が一切ない。高級ブランドにありがちな大胆なロゴ主張、定番の柄物とはかけ離れた「上品な匿名性」を持った財布が他にあるだろうか。

スポンサーリンク

マルジェラとマルニの関係性

小銭入れは付属という今までにないスタイル。長財布の引き手部分のカラーと、小銭入れのカラーを統一し、統一感を持たせた唯一無二のデザイン。ここまでシンプルで遊び心のある財布は僕は今まで見た事がない。

類を見ないカラーリングで、誰とも被らないであろうと思ったことも購入に至った理由の一つ。大人気ハイブランド「メゾン・マルジェラ」とライセンス契約を結んでいるスタッフインターナショナル社は、このマルニともライセンス契約を結んでいる。

小銭入れを使い分けて、使いやすさアップ

小銭入れが付属という今までにないスタイルなので、使い分ける事が可能になる。例えば、旅先の駅で切符を購入するときや、近くのコンビニで軽食をする際など、「簡単な買い物」をする際にポケットに小銭入れのみを忍ばせておけば、ラクに支払いを済ます事ができる。

ホテルに宿泊した際、小銭入れのみを携帯し、「ちょっと自販機まで」が出来ちゃうのもいいところ。

マルニの長財布は使いやすく上品な財布

このMARNIの財布、本当に購入して良かった。財布は毎日使うモノだからこそ、自分という個が現れるモノ。個性はその人の魅力であり溢れ出るオーラでもある。誰も持って居なさそうで、自分だけのお気に入りの財布をしっかりと考えて購入することは大切なこと。

そして何より重要視していただきたいのが、選ぶ基準だ。自分がこれからするであろう生活スタイル、やりたいこと、行きたい場所、想定される様々なシチュエーションを頭に浮かべて、自分にあったとっておきのモノ選びを楽しみませんか。