お家の救急箱として。レトロカラーの小物収納ボックス 「HACOTTO」が見せる収納として優秀。

モノコトアートをご覧いただき、ありがとうございます。Kengo(@sofworks)です。

最近は引っ越しをして、色々な家具を買い足したり、これまで使ったものに感謝しつつ断捨離したりしています。

自分の持ち物を整理していると、昔風邪をひいたときに病院でもらった薬や、この間購入した花粉症の薬など、いろんな薬が色んなところから出てきて、自分のガサツさにガッカリしました…笑

ちょうどいいサイズの救急箱買おう!と思って色々調べていたのですが好みのデザインのものがなく、とりあえず放置していたのですが。

この間便利で可愛らしい救急箱を見つけたので、ご紹介します。

レトロで可愛い収納ボックス「Hacotto」

 今回僕が救急箱として購入したのがこちらのHacottoというボックスです。ホームセンターダイキに売ってあって、一目惚れして購入しました。

『何を入れる?私だけの道具箱』がコンセプトの道具箱、みた瞬間に色んな妄想が膨らんで、気づいたらレジに運んでいました。すごくオシャレで気に入っています。

スポンサーリンク

コンパクトだけど、意外と大容量。

僕がこのHacottoを購入した最大のポイントは、コンパクトでありながら見た目によらず大容量であること。

サイズは奥行き20cm、横幅20cmと一見小さくちょっとしか物が収納できないのではないか?とおもうかもしれませんが、高さも14cmあるので、ものを立てて入れてもうまく収納できるのがポイント。

収納スペースが限られているから救急箱は小さめで済ませたい!という人におすすめです。サイズ感も本当に可愛い…。

スポンサーリンク

シンプルかつマットな素材感が良い。

デザインは昔ながらの工具箱を、今っぽくレトロ可愛い感じになっている所がとても好き。ネット通販とか、ホームセンターカインズ(CAINZ)とか色々見たのですが、なかなかしっくりするものが無く…。

工具箱とか救急箱って、割と思いっきりデザインされているものが多い印象だったので、こういったシンプルなデザインの箱であれば、見えるところに収納しても良い感じです。

僕の部屋ではいい差し色になってくれています。

地味に嬉しい持ち手

救急箱を探すときに苦労するのが、持ち手があるかどうか。持ち手のない通常の箱は探せばいくらでも見つかるのですが、持ち手がある収納箱って意外と無いんですよね・・・。

Hacottoは持ち手があって、持ち運びがしやすいので本当に使いやすくて気に入っています。使っている感じ持ちでの部分も壊れにくそう。

救急箱や工具箱。色で収納アイテムを分ける方法も!

今回僕は救急箱として活用していますが、別の色のハコッともあるので、工具箱などその他の収納ボックスとして使うのも良さそうだなと思いました。

カラーバリエーションが豊富なので、中身を見ずに色だけで何が入っているかを判断できます。色で収納するものをカテゴライズしてみるのもいいですね。

といった感じで今回はミニマルレトロで可愛らしい収納箱「Hacotto」をご紹介しました。

散らかりがちな小物を収納するのに本当に便利なボックスですし、落ち着いた色合いは、お部屋にもしっくり馴染んでくれるので、デザインと機能性を両方重視したい方は是非!

価格も安いので、チェックしてみてください。