【痛くないワイヤレスヘッドホン】BOSEのQuietComfort 35 IIを購入したのでレビュー。

頭痛しないヘッドホンが欲しい。

ヘッドホンといえば「蒸れる・痛い」といったような悩みを持つ方が多いはず。僕もその中の一人だった。

だけどどうしてもヘッドホンで音楽を聴きたいし、蒸れたり頭痛がしたりしないヘッドホンは無いものかとここ何年か悩んでいた。そこで僕はボーズ クワイエットコンフォート35ワイヤレスヘッドフォンIIを選んだ。

蒸れや頭痛を理由にヘッドホンを購入できなかった方は、是非検討してみて欲しい。僕自身、ワイヤレスヘッドホンを初めて手にしたので、その感想と評価も同時に書いていく。

BOSE QuietComfort35 IIを購入した理由

僕がBose QuietComfort 35 wireless headphones IIを購入した理由は、作業に集中するためのツールが欲しかったから。

よくカフェに行ってパソコンを開いてブログを書いたり、仕事をしたりするのですが、場所によっては騒音の多いところが多い。せっかく飲み物を頼んで集中しようとしても、気が散ってしまっては時間が勿体無い。

昔から僕はヘッドホンを装着すると頭痛がしてしまうという悩みがあるので、ずっと購入せずにいたが、試着をしてみて購入を決心した。

スポンサーリンク

購入した結果、どう?

結果から述べると、本当に購入してよかった・・。その理由は以下の通りです。

BOSE QuietComfort 35 II のここが良かった!

・締め付けが丁度良い
・ノイズキャンセルがストレス軽減
・Googleアシスタント機能が意外と役立つ
・どんな服にも合う

簡単に説明していきます。

スポンサーリンク

頭痛から解放された

締め付けが心地いい。これが買ってよかったと思える理由NO.1。僕が頭が大きいほうで、普段ヘッドホンをかけても締め付けが強いせいですぐに頭痛がしてしまい、ずっとかけたくてもかけれなかった。

しかしこのBose QuietComfort 35 wireless headphones IIは、なぜか締め付けが丁度いい。ヘッドバンドがかなり柔らかいし、本当自分の頭に合わせてくれてるみたいな感覚。

気になって調べてみると、ヨットや高級車によく使われているAlcantara素材というモノが使用されているらしい。

ヘッドバンドは調節可能で、頭が大きめの僕は1.5cmくらい伸ばして使用しているので、日本人のほとんどの方はサイズの問題は考えなくて良いと感じました。

その上柔らかく伸縮性のある素材で、素材についての知識はそこまで知らなくても良いと思っていたけれど、こんなに「自分に合う」と思えたのは人生初かもしれない。。

ノイズキャンセルがストレスを軽減させる

ノイズキャンセルの凄さを思い知らされました。正直、自分の生活には大きなノイズはないと思っていたが、使ってみると本当に別世界。

僕の生活には色々なノイズがあって、意外とストレスに繋がるノイズ・気になってしまうノイズが隠れていることに気づかせてくれました。

例えば電車内のノイズ。線路を走る音はたまに聴くと心地いいけど、毎日聴いていると人間は無意識に「騒音」として捉えていると思う。実際に電車の中でノイズキャンセル機能を使った途端、かなり快適だと思えた。

それは、電車内の音を「騒音」として捉えていた証拠だと思う。

騒音はストレスに繋がりやすい分、騒音を無くしていけば日頃のストレスもなくなる。今回僕はヘッドホン一つで日々のストレスを軽減させることができた。つけてみるまで分からなかった、静かな快適さからはもう戻れる気がしない・・・。

GoogleAssistantが意外と役立つ

Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIから搭載されたGoogleアシスタント機能。円形のボタンでGoogleAssistant機能が使える。

ぶっちゃけこれは必要無いんじゃないかと思っていたのですが、意外と役に立ちます。

LINEやTwitterなどの通知であったり、スケジュールのお知らせを声で知らせてくれるのは本当に便利。AppleWatchが振動で知らせてくれる機能と似たようなイメージ。

どんな服にも合う

僕はシルバーをチョイスした。ブラックよりも高級感と光沢感があり、どんな服装にも馴染みやすいと思ったから。購入してみると合わせやすく、「今日の服装に合わないからかけれない」ということは無く、ファッション性も優れた商品でかなり満足。

僕のBOSE QuietComfort35 II 活用方法

もちろん音質はすごく綺麗。重点音が好きな方にはこの1本を本気でオススメしたい。

音質・デザインだけでなく、せっかくノイズキャンセル機能が付いているので、この機能を最大限に活用したいと思い、色々試した結果、僕なりの使い方をするようになった。

作業に集中したい時だけかける

ノイズキャンセルが必要だと思った時だけかけるようにしている。
このヘッドホンを購入する前は、普段移動中にイヤホンをつけていて、音楽を聴いたまま椅子に座り、作業に取り掛かっていたが、これだと作業に対するスイッチを入れずらく、メリハリがなくなる。自分の中にメリハリをつけることで、集中したい時だけかける。

意外とこれが買ってよかった理由の中でも一番大きいかもしれない。

iPhoneのスケジュールアプリと連携させる

GoogleAssistant機能があるので、iPhoneのスケジュールアプリに普段の予定を記入して通知設定しておくことで、ヘッドホンをかけているときはすぐに予定をチェックできるようにした。

iphoneでタスク管理アプリなどを使用して、あとは計画した時間にヘッドホンが伝えてくれるので、タスク管理がシンプルになった。

まとめ

BOSEのQuietComfort35 IIはこんな方にオススメ

・周りばかり気になって作業に集中できない方
・普通のヘッドホンだと締め付けがキツイ方
・単純に音楽を楽しみたい方(音楽に包まれたい方)
・重低音が好き

このような感じで、Bose QuietComfort 35 wireless headphones IIを紹介してみた。僕は、綺麗な音楽を聞きながら作業に集中できるようになったし、単純に家で音楽を楽しみたい時にも重宝している。

ヘッドホンをかけて集中したいけど頭痛がしてしまう方には是非オススメしたい。普段PC作業に集中できない方にとっては、間違いなく後悔のない投資になると思う。