【Alexa搭載】Amazon Kindle Fire 7を買ったので早速レビュー!

僕は以前までiPadを使用していましたが、MacBookProで全て済んでしまうので、あまり上手に使いこなせていませんでした。

だからって家でNetflixやAmazonPrimeを見るためだけに置いておくのも勿体無いと思って手放しました。

ただ、やっぱり家の中で持ち歩いて、どこでも動画が観れる暮らしは手放せないので、安価で購入できるAmazon Kindle Fire 7を購入することにしました。

コスパタブレットとして定評のあるAmazonKindleFire7の新モデル、2019年6月6日に発売されたこの新モデルを早速開封してみようと思います。

2019年6月6日発売のAmazon Kindle Fire 7を買ったので早速レビュー

AmazonKindle Fire 7の、おなじみのオレンジ色のパッケージ。海外のデパートに普通に置いてありそうな感じが好き。

早速開封していきます。

開けてみるとこんな感じ。Kindleタブレットの購入は初めてなので、使用感の比較をすることはできないが、デザイン性は特に変化はないです。

裏面は少しザラザラしたマットブラック。スタイリッシュさがあってとても気に入っています。

届いてすぐ開けた時でも電源はついたのは、すごく嬉しい。

スポンサーリンク

全世代と何が違う?

・容量2倍、アプリ起動が早くなった

まずは容量が2倍になり、最大1.3GHzの高速クアッドコアプロセッサで、アプリの起動は早くなりました。

・Alexa搭載なので、話しかけるだけでその日の天気、ニュース、音楽、アレクサ対応家電など簡単操作

KindleFireの7inchタブレットでは、今までAlexaには対応しているものはなかったが、一番大きなところでいうと、今回からAlexaに対応したこと。

アレクサに対応している家電があれば、話しかけるだけで操作できるし、フォトディスプレイや時計、彼レンダーにもできる。使うタブレットとしても、『置くタブレット』としても使えるため非常に便利。

スポンサーリンク

実際にAmazon Kindle Fire 7 を使用してみた感想

①薄くて軽い、寝ながらでも腕が疲れにくい

作業を終えて、休むと決めた時は思う存分ベッドで動画をみたりするのだが、ベッドで横になってもっていても疲れにくいです。

端末自体の幅も9.6mmと、大体の成人男性の手のひらでしっかりとホールド出来るサイズ感がとても快適。僕の場合、手で持つとちょうど指の第一関節が側面にフィットするので、無理せず持ちやすくて気に入っています。

②Alexaが以外に活躍

購入当初はあまりAlexaに期待してはいなかったのだけれど、いい意味で裏切られました。

Alexa搭載の家電は一切持っていないけれど、毎日の天気を話しかけるだけで教えてくれるのは、一人暮らしの僕にとってはかなりありがたい。離れた場所からでもしっかりと音を拾ってくれるので、朝の準備をしながら音楽を流したりニュースを聞いたり、時間の節約にも繋がっていて、ライフハック感がヤバい。

③作業に集中できるようになった。

作業中に同じ端末で動画を開くのではなく、サブ機としてPCの隣に置いておけば、作業しながらYoutubeだったりラジオだったり、映像・音声コンテンツを流しておくことができます。

PCはやりたいことをやるために、タブレットは娯楽のためにといったデバイスの使い分けができるので、作業効率が上がった。休む時は休んで、仕事する時は仕事するといった、意識の区別が芽生えるようになったのは大きい。

Kindle Fire 7 は『とりあえず買っとく』が正解かも?

以上が、僕がAmazonKindleFire7を購入して使用してみての感想でした。

今、タブレットが欲しくて迷っているという方全員にお勧めできるタブレットだと思いました。

動画・音声コンテンツだけを楽しみたいという人はなおさら「とりあえず買ってみ?」と言いたいほど安定感のあるタブレットです。僕の生活に必要な機能が、この価格で帰るタブレットにすべて詰まっていることに驚きを隠せません。

すぐに購入するのもよし、セールになるのを待つのもよし、買っておいて損はないタブレットだと思います。