【カプセルホテル】誰にも会いたくない夜に。一人出張で「9h ninehours」に泊まってみた。

最近は仕事やプライベートで地方や首都圏に宿泊することが増えてきて、安く宿泊できるという理由で、よくゲストハウスに泊まっています。最近のゲストハウスは通常のホテルよりも清潔でおしゃれな場所が増えてきているので、僕の中でゲストハウス巡りが趣味になってきています。

ただ、仕事が終わりに疲れはてている状態では誰にも顔を合わせたくないという場合もよくあるんですよね。

そういう時にゲストハウスに宿泊すると、他の宿泊者と同じ部屋(ドミトリー)だったり、ロビーにも常に人がいるので、必然的に人と顔を合わせ無ければなりません。

ゲストハウスは1泊2000〜3000円で宿泊できる反面、そういった「誰かと同じ空間」に居なければならないということが、メリットでありデメリットでもあると思っています。

今回僕は疲れている時に誰とも会わなくていい格安ホテルを探していたところ、すごく清潔で洗礼された宿泊施設を見つけたので、いってみることにしました。

洗礼されたシンプルなホテル。9nine hours

出張の宿泊先で赤坂付近で探していたところ、1泊2900円ほどで見つけて、内装の写真がとても綺麗そうだったので宿泊してみたのがこの9h nine hours。赤坂見附から徒歩8分ぐらいのところに位置していて、アクセスはかなりよかった。

チェックインしたのは夜中だったので、この写真は早朝に撮影しました。とてもカプセルホテルとは思えない、すごくお洒落な外観。

白と黒を基調とした僕好みの内観で、朝からテンションが上がりました。内観は全て白、黒で統一されていて、なおかつスタッフの掃除も行き届いていてかなり清潔な印象。

まずはフロントでチェックインし、QRコードの書かれたカードをもらいました。

スポンサーリンク

ロッカー、シャワー、洗面所は全て地下。

チェックインしてすぐシャワーを浴びたかったので、まずはロッカーへ。

先ほどチェックインした時にもらったQRコードをロッカーにかざすことで、ロックが解除されるシステム。ついにカプセルホテルもここまで来たのですね。

宿泊する前に抱いていた自分の中のカプセルホテルへの不安要素が、ここで一気になくなりました。

スポンサーリンク

タオル、歯ブラシ、寝間着、スリッパ全て完備

ゲストハウスは場所によってはタオルや歯ブラシに別途料金が発生してしまうところも多いですが、9h ninehoursは全て宿泊料金の中に含まれています。出張で来た僕は出来るだけ手荷物を少なくしたかったので、かなり助かりました。

ちなみに宿泊者は外国人(アメリカ系)が多い印象。

高さも十分な広々カプセルルーム

シャワーを浴びた後、自分の部屋へ。

先ほど渡されたQRコードの載ったカードに自室の番号が書かれています。

カプセル内はUSBとコンセントが1つずつ。無駄な設備が一切なく、割と広々としていて寝心地も最高でした。カプセルのドアは上から下に(カーテンスライダー???)を下ろすタイプ。

通路とカプセルに区切りをつけることができるので、一気に落ち着いた雰囲気に。カプセル内は高さが意外とあるので、くつろいでスマホをいじったり、本を読むときでも頭をぶつけることはありません。

キャリーケースなど重たくて大きい荷物は、全てフロントに預ける決まりなので、夜中や朝方に荷物をガサガサする人が少なく、非常に快適に睡眠に集中することができました。

朝は一階で厳選された豆のドリップコーヒーが楽しめる。

1回のフロントの隣には、GLITCH COFFEE BREWEDさんという珈琲屋さんのブースがあるので、そこで美味しいコーヒーを頂きました。

コーヒー豆の産地等、豆にはかなりこだわっているとのこと。軟水と硬水を飲み比べさせて頂いたり、貴重な体験を楽しむことができました。

店員さんもかなり気さくな方で、コーヒーが美味しくなる秘訣を軽く教えてくださいました。楽しかった。。

東京・大阪で一人の夜を大切に過ごしたい方にオススメ。

最近ではゲストハウスなどの格安で宿泊できる施設が多くなってきて、僕も度々利用するのですが、時に誰にも顔を合わせたくない日もありますよね

ゲストハウスだとフロントもドミトリーにも必ず人がいるし、会話をしないといけない空気とか、音を立てないように気を使わなければならないシーンも少なくはないです。

でも9nine foursのようなカプセルホテルなら、格安かつ一人の時間を多く確保できるし、何と言っても清潔感があるので快適に過ごすことができる。
狭い空間だからこそ、いつもより落ち着いた空間を楽しむことができました。今回僕が宿泊したのは赤坂の店舗ですが、他にも首都圏など各所に店舗があるそうです。

それぞれ外観・内観が違うので、こういったシンプルで洗礼された宿がお好きな方にはぜひ宿泊してみてほしいと思います。